中国のWiFi事情はどうなっている?

■中国の主なWiFiスポットは?

中国でも日本と同様にチェーンの飲食店にWiFiスポットが入っている場合が多いです。

しかし、はっきり言って日本よりも中国でのWiFiスポットの利用は危険なので、その点は気を付けた方が良いでしょう。

具体的には通信をハッキングされている場合があり、たとえば銀行の暗証番号などを携帯から入力してしまうと、それをハッキングされるということになります。

日本では中国のハッカーによるハッキングが問題になっていることが多いですが、もちろんその人たちは本場の中国でもハッキングは行っています。

そしてWiFiスポットは特にやりやすいので、ターゲットのになる人が多いです。

実際ワイファイスポットでそのような重要な情報を入力してしまうのはあまりセキュリティに対して詳しくない人でしょう。

なので、狙いやすいということです。

特に銀行に関する情報は盗んでおくと儲かるということになります。

日本でもよく偽の銀行のホームページを作り、そこに情報を入力させるということを行っています。

今はそっくりなページを作成するのもそれほど難しくないので、こういったことが容易なのです。

また地下鉄でも一部WiFiを利用できるところがありますが、基本的に公共のWiFiは危険性もあるということは知っておいた方が良いです。

もちろんその電波を介して携帯の中を見るようなことはできません。

ハッキングできるのは通信した内容のみで、入力した情報などを見られるということになります。

なので、動画を再生するくらいであれば危険性はありません。

しかし、それを日常的に行っていると、ついうっかり銀行の残高を確認しようと思ってアクセスするという場合もあるでしょう。

こういったことをやってしまうと、ハッキングされた際に非常に危険な事態になるので、ぜひ気を付けてネット利用するということです。


■中国で使えるWiFiルーターをレンタルするのがおススメ!

中国に短期的に行く場合には、WiFiルーターをレンタルするのがおすすめです。

もちろん在住するということであれば、レンタルよりも固定で契約した方が割安になるでしょう。

また生活習慣にもよります。自宅にこもって仕事をする場合は外でインターネット環境がそれほど必要ないという人もいるはずです。

その場合には、当然自宅に回線を通しておけば十分ということになります。

ただ最近はインターネット上の情報は必須な場合が多いですし、インターネットをフル活用しなければ情報不足になります。

もちろん情報を得て時代に追い付くことだけがすべてではないのですが、やはり情報は得ておいた方が良いということになります。

情報を得るということはまずだれでもできる努力ですし、最重要になります。

仕事で中国に行くにしてもプライベートで行くにしても情報は必須でしょう。

インターネットがなければ仕事にもプライベートにも支障が出るでしょう。

最近はインターネット上で自由に仕事をできる時代なので、実際中国に短期的にしても長期的にしても済むという人が多いです。

情報の重要性というのはもっと認識された方がよくて、情報があれば個人でも収益化できます。

少し前にノマドワーカーのような人が流行っていましたが、そういう人は世界各地でWiFiをレンタルしている場合が多いでしょう。

どこの国に行っても仕事をすることが可能なのですが、それはインターネット環境があるからこそ実現できていることです。

なので、逆に言えばインターネット環境がなければどこの国に行っても何もできないということになります。

WiFiのレンタルに関しても、物価に影響されるので、物価の安い国ではレンタル料が安くなりますし、逆に物価の高い国ではWiFiレンタル料金も高い場合が多いので、物価に比例します。


<おすすめ>

中国に短期で行くなら【イモトのwifi】がおすすめ!

中国レンタルwifi|私のおすすめは【格安で簡単】のこちらですのトップページへ